セックストイとは?セックストイの種類と魅力、使い方などを徹底解説!

アダルト玩具
Couple kissing passionately in bed

セックストイをご存知ですか?いわゆる、大人のオモチャです。
セックストイを使用してみたいと思っても、初めての場合はどんなものを選んで、どうやって使ったら良いのかわかりませんよね。
セックストイについて気軽に聞ける知人や友人を持っている方は問題ありませんが、おそらくほとんどの場合、聞きづらいことですよね。

そこで今回は、そんなセックストイの種類を網羅し、選び方から使う際の注意点、セックストイの魅力を徹底解説しました。
”セックストイに興味がある”、”パートナーとのセックスをより刺激的なものにしたい”、そう感じている方はぜひご覧ください。

セックストイとは?

セックストイとは、その名の通りセックスやオナニーの際に使うオモチャのこと。バイブやローター、デンマ、ディルド、手錠やコンドームなどの総称です。
いつものセックスをより刺激的なものにしてくれたり、オナニーをより気持ちよくするために使います。

パートナーとの付き合いが長くなり、セックスがマンネリになってしまい悩んでいたり、パートナーとのセックスに快感を感じることができず不満に思っていたり、そういった悩みや不満を解消することができます。
普通の人間ではできない動きや質感、大きさで欲求を隅々まで満たすことができるため、セックスに満足できるようになり、結果パートナーとの関係性を改善する効果も期待できます。
また、性機能障害(勃起ができなかったり、射精ができなかったり)やセックスの際に感じにくい(不感症)などの改善に役立つとも言われており、昔よりも注目が集まりつつあります。

近年では、スマホやインターネットが普及してネット通販を利用する人が増えたことで、セックストイの需要が増えました。セックストイの見た目が気になる…(購入しづらい)という人も通販を利用することで簡単に手に入れることができるようになったのです。ネット通販の場合はほとんどのお店が届いた商品の中身がバレない工夫をしてくれているので、家族にバレることなく購入することができます。
少し前まではアダルトグッズが販売されているお店まで出向いて買わなきゃならなかったので、かなりのハードルだったわけです。

また、セックストイ=持っていたら何となく恥ずかしいもののイメージがある人も多いでしょう。
しかし最近だと、ものによっては一見セックストイとは思えないくらいスタイリッシュだったり、可愛いグッズも販売されています。
かさばらないものも増え、持ち歩きにも適しているので旅行や屋外で使う人も増えているのだそうです。

セックストイの種類

セックストイと一口に言ってもその種類は様々。初心者向けの気軽に手を出せるライトなグッズから、慣れるまでは身体的苦痛を伴うこともあるヘビーなものまで存在します。

身近なものだとコンドームなんかもセックストイの一種です。

セックストイは人気ランキングからそのまま選ぶのではなく、目的や趣向、パートナーの好みなどで変えてみるとより良い刺激になり効果的ですね。

次は、そんな様々なセックストイの種類をご紹介します。

アナルの玩具

アナル玩具はアナル(肛門)に入れて使うオモチャのことです。

アナルの玩具とひとくくりに言ってもスティック型、ビーズ型、プラグ型、浣腸など、様々な形状のアイテムが存在します。

アナルの大きさを広げてより大きいものを挿入してみたり、入れたまま固定して使うプラグ型のグッズを使って羞恥プレイを楽しんだり、浣腸を使って腹痛から一気に開放される快感を味わったり…その楽しみ方は様々。

肛門にオモチャ!?とびっくりしてしまうかもしれませんが、アナル経験者に言わせるとこれが結構刺激的で良いのだそう。未知の快感を味わってしまったら抜け出せない人も多いといわれています。

特に男性には前立腺という器官があり(これは女性にはないもの)、前立腺を刺激することで快感を得やすくなります。
女性の場合は直腸壁の隣になるポルチオと呼ばれる器官に当たり、普通のセックスとはまた一味違った快感を味わうことが可能です。

SM用玩具

SMプレイを楽しむ時に使うアイテムがSM用玩具です。

SMと聞くと女王様の恰好をした女性がムチとろうそくを持って男性を足蹴にしているイメージを持つ人も多いのでは?

もちろんそういったアイテムもありますが、人気のあるものは目隠し用のアイマスクや耳栓、手錠、拘束用のロープ、さるぐつわ(声を出せないようにするアイテム)、こちょこちょくすぐるための羽など、直接挿入するよりかは身動きをとれなくして身体の自由を奪うものが多いです。このようにライトなSMをソフトSMと呼びます。

実はSMはソフトSMと呼ばれるものからハードSMと呼ばれるものまで幅広く、ソフトSMについてはハードルが低いため初心者でも導入しやすいプレイなのです。
特に目隠しと耳栓や手錠などは気軽に導入できて、いつもとは違う刺激を得られるとしてマンネリカップルにも人気です。
現状パートナーとのセックスに不満がある場合は、ソフトSMから導入してみると良いかも!?

コックリング

コックリングとは男性のペニスに着けて使うセックストイのことで、ペニスをリング状のゴムで縛り、血流を阻害して勃起状態を維持するというものです。
ペニスに着けるアクセサリーとして使われることもあり、ゴムだけでなく金属やプラスチックで作られているものもあります。(1)

ものによってはコックリングに女性器を刺激するパーツやバイブがつけられていることもあり、勃起状態を維持しながら女性に快感を与えることができる一石二鳥なアイテムなのです。

また、コックリングは勃起不全の治療に使われることもあります。
勃起してもペニスが硬くならなかったり、いざ挿入してみると長続きしなかったり、そういった勃起不全を改善するために使用します。

いざ挿入して中折れしてしまうと、男性の自信もなくなってきてしまいますようね。
そんな時コックリングを使って勃起状態を維持することで、女性を満足させることができて、納得のいくセックスができる可能性があります。

コックリングの価格帯は様々で、数百円程度で安価に手に入れられるものもあれば、五千円を超える高価なものもあります。
ものによって自分のペニスに合わなかったりするケースもあるので、購入前には事前にサイズのチェックが必須。

パートナーや自分のペニスの勃起時のサイズをある程度把握しておくと良いですよ。

コンドーム

一番身近なセックストイと言えば、コンドームが挙げられます。
コンドームは主に避妊目的に使われますが、実は避妊以外にもセックスの快感を上げるための付加効果があるものがあるのです。

ペニスのサイズに自信がない場合、サイズをカバーすることができるコンドームや、ローションがついていてい潤滑液代わりになるコンドームもあります。
挿入時に女性側が痛みを感じるケースはよくありますが、セックスの際どちらか片方が痛みを感じていると集中できませんよね。しかし体調や時期などで濡れにくい場合もあります。
そういったときにはローション付きのコンドームを使ってあげると良いかもしれませんね。

コンドーム自体に凹凸がついていて、挿入時に女性により快感を与えることができる種類があります。
変わった種類のものだとメントール系のスースーする成分が入っているコンドームや、装着時や挿入時に熱を感じる成分が入っているコンドームもあります。

コンドームを選ぶ際はパートナーの好みを聞きながら一緒に選ぶと楽しいですよ。

ディルド

ディルドとは男性のペニスを真似て作った模型のオモチャです。ディルドーと呼ばれることもありますが、これは同じ意味のもの。
セックスの際にパートナーに使用したり、オナニーに使うことで快感を得ることができます。

バイブと同義で使われることもあるようですが、正しくはバイブレーション機能があるものがバイブなので別物。振動しないペニスの模型がディルドです。
主に女性に挿入して使いますが、ものによっては男性のアナルに使うことも可能です。

吸盤がついていて床や壁に貼り付けて使うことができるものもあるので、手を使わずによりリアリティーのあるオナニーを楽しむことができます。

面白系だと、パートナーのペニスをかたどってつくるディルドがあります。
こちらはプレゼントにも人気を集めており、付き合いが長くプレゼントのバリエーションに困ったら選んでみても良いかも!?

オナホ

セックストイでもポピュラーな部類に入るのがオナホ(オナホール)です。
男性がオナニーをするときに使用しますが、手を使って行うよりも簡単により強い刺激や快感を得られることで人気を集めています。

オナホは女性器を模したものや、筒形のもの、ドール(人形)にオナホがついていてリアルな女性に挿入している感覚を楽しめるものなど、種類はかなり豊富。
安いものだと千円以下で購入できる手軽さも魅力のひとつで、街中の薬局にも販売されています。高いものだと一万円を超えるものもあり、プレゼントにも好まれるのだとか。

材質はシリコンでできているものが多く、その柔らかさは自分の手では叶わないもの。そのため人気があるのも頷けますね。

使い捨てのものもあれば、洗って繰り返し使用できるものもありますので、いくつか買っておいて気分で使い分けるのも楽しいです。

デンマ

デンマは手に持てるタイプの電気マッサージ機のことで、ハンディーマッサージャーなどとも呼ばれ、普通に家電量販店で購入することができます。
もともとは肩こりなんかを解消するために作られたものなので、実店舗で購入するハードルはかなり低い方。
ラブホテルなんかにも備え付けで良く置かれており、用途は一旦置いておいて何らかの形で使ったことがある人も多いのでは?

そんなデンマは、オナニーの際に使用すると快感を得やすいのでセックストイ初心者さんにおすすめです。

ローターやバイブと比較するとかなり大きく、その分振動も強くなるので、クリトリスに当てるだけでもかなりの快感を得られます。
「彼とのセックスでイッたことがない…」そのような女性はデンマを使ってみるとイク感覚がどんなものか知ることができるかも。

見た目も電気マッサージ機なので、万が一同居人に見つかってしまっても気まずくないですよね。

パートナーとのセックスにマンネリを感じていてセックストイの使用を考えている人は、ぜひ手軽なデンマから試してみてはいかがでしょうか?

ローション

セックスの際に潤滑液の代わりになるのがローションで、セックスの挿入時だけでなく男性がオナホを使う際やアナルセックスの際にも使用します。

甘い香りがついているものや温熱効果のある温かいもの、味がついているオーラルセックスにも使えるものなど、これまたたくさんの種類があります。

他には、清潔に使えるように小分けになって販売されているものも存在します。
ローションは一度開封したら雑菌が繁殖しないようになるべく早めに使い切ることを推奨されていますが、タイミングによっては使い切れないこともありますよね。
そんな時は使用頻度に合わせて小分けタイプを選んでみても良いかもしれません。

ローションはセックストイの中ではかなり気軽に手を出せる方なので、ローションもコンドームと一緒にパートナーと選ぶと刺激があって良いかもしれませんね。
町の薬局や、場所によってはコンビニに置いているところもありますよ。

バイブレーター

バイブレーターはローターで振動させて刺激を与えるセックストイで、簡単にバイブと呼ばれていることが多いです。
振動だけでなく回転したりするものもあり、セックストイの中でもバリエーションに富んでいます。
認知も高く、かなりポピュラーなセックストイです。

使い方はデンマと同じようなものですが、デンマよりもコンパクトで持ち運びがしやすく、見た目が口紅やマカロンのようにかわいいものも多いので女性に人気を集めています。

一時期SNSで有名なインフルエンサーが「これは良い!」とおすすめのバイブを紹介して話題になりました。以前とは違いそれだけセックストイが浸透してきているのですね。

自分自身で使うのも良いですが、バイブレーターはなかなか女性を満足させることができない男性にもおすすめ。電気の力で動いているので、自分で手を動かすよりも圧倒的に疲れが少ないのです。
そのため、いつもより長く刺激することができるので、女性も満足しやすいです。

バイブは主に女性側に使うものですが、男性に向けて使うこともあります。いずれもコンドームを装着して使用することが推奨されています。

ラブドール

ラブドールはダッチワイフとも言い、男性がセックスを体験できる女性の見た目をした人形です。
女性のような見た目といっても、顔がなく胸~下半身の胴体部分だけを切り取った形状のドールもありますし、ものによっては実際は本物の女性に間違ってしまうくらいリアルなものもあります。

高額なドールでは100万円を超えるものもあり、価格によってクオリティが左右されやすいもの。価格が高ければそれだけ実物の女性に近いクオリティの高いドールになりますし、安ければその分作りこみはが甘いですから、『見るからに人形!!なんか変!!』というものもあります。

価格と好みのバランスで選ぶと失敗することはありませんよ。

オーダーメイドでラブドールを作ることができるお店もあるので、自分好みの女の子を作ることができます。
最初は安価なラブドールからチャレンジして、慣れてきたらオーダーメイドにチャレンジしてみても良いかも。

セックストイの選び方

セックストイの種類を網羅したところで、続いて選び方を紹介します。
特に初めてセックストイを使ってみる場合は、下記の3点に注意してみてください。

* サイズは自分(相手)に合っているか
* 音を問題なく出せる環境か
* 価格帯

まず第一に、サイズ選びはかなり重要。
セックストイは性器に当てたり挿入して使うものが多いですが、男性も女性も性器はとてもデリケートな器官です。
そのため、サイズに合っていないものを使用すると傷つけてしまう恐れがあります。

次に、音を問題なく出せる環境かどうか。
セックストイは装着するだけでなく、回転したり振動するものがあります。動かないものよりも動くものの方が快感を得やすいものですが、動くということは内臓されているローターなどの音が出るということ。
壁が薄い家に住んでいたり、同居人がいる場合は音が気になって集中できないこともあるので、音がしないものか音が控え目なものを選ぶと良いです。

最後に価格帯です。
セックストイの価格帯は幅広く、安ければ数百円、高ければ数万、数十万するものも存在します。
自分が出せる金額でどのくらいのものを購入したいのか吟味し、選ぶと良いですね。

セックストイの魅力

セックストイを使う魅力は”人間では出すことのできない刺激”です。

人間は1分間に何万回も振動したりすることはできませんし、形状にも限界があります。
しかし、セックストイなら”人間にはできない動き”を実現できるので、通常のセックスとはまた違った快感を得ることができます。

セックストイを使うまでは躊躇する人が多かったとしても、一度使ってしまうと病みつきになってしまう人も多いようですよ。

また、付き合いが長期化してセックスがマンネリ化しているカップルにとっても、セックストイは良い刺激になります。新たな快感の面ではもちろんのこと、一緒にグッズを選ぶ楽しさもまた新鮮。
上手に使ってパートナーとの関係性を向上させるのもおすすめです。

もちろん、セックストイを一人で使うのだって問題ありません。
女性は特に、程よく性欲を解消すると女性ホルモンである”エストロゲン”の分泌が増え、髪や肌にツヤが出てきれいになったり、胸が大きくなったりと嬉しい効果があるのです。(2)

恋をするときれいになると良く言われていますが、こちらも同じ原理です。

セックストイの注意点

セックストイを使用する際は下記の3つに注意しましょう。

* 清潔に保つこと
* ろう電に気を付ける
* 使用中の発熱

先ほどもお伝えした通り、セックストイはデリケートゾーンに使用するものが多いです。
そのため、セックストイ自体を清潔に保つことは何より大切。摩擦によってわずかな傷ができて、そこから雑菌が入り繁殖してしまったら大変です。
コンドームを着けて使用すると良いですね。

また、セックストイには電源を利用するものが多いため、防水でないものは濡れたことによるろう電や故障が起きる可能性があります。

ものによっては連続使用中に熱を持つことも。
そういった場合はセックストイの運転を停止して、使用を控えるようにしましょう。

安全を守り、正しく使用することでよりセックスを楽しむことができますよ。

セックストイのまとめ

セックストイの種類と魅力、注意点についてご紹介しました。
セックストイには快感だけでなく、パートナーとの関係性を良好にしたり、自分の新たな趣味嗜好に出会える可能性もあります。

何となくタブー視されてきたセックストイですが、今では結構オープンに販売する店舗やネットショップも増えてきています。
以前と比べて本当に手軽に様々なグッズを購入することができるので、ぜひ色々見て自分に合うセックストイを探してみてください。